動物病院・受診するとき

・動物病院を受診するとき

愛犬・愛猫が急病になって動物病院を受診するとき、
どんな心づもりで行くとよいでしょうか。

大切な動物の具合が悪いのですから、
飼い主さんも不安になるのも当然です。

でも、ちょっとしたコツを覚えておくと、
動物の負担も軽減され、
飼い主さんも安心して受診することができます。

動物病院の受付で受診目的(主訴と言います)と伝える時、
あるいは診察室で獣医師と話しをするときに、
言いたいことをうまく伝えられないことはありませんか?

ほかにもたくさん患者さんが待っているときには、
待合室の雰囲気も忙しくて自分までそわそわしてしてしまい、
いざ自分の順番になって診察室に入っても、
何をどこから説明したらよいのかと、
気ばかり焦ってしまうことはありませんか?

人間なら、
「昨日からお腹のこのあたりがこんな風に痛いので云々・・」
などと自ら説明することもできますが、
動物は話せません。

唯一の手がかりは
飼い主さんの気づき・観察力・洞察力です。
もちろん獣医師の診察やさまざまな検査で
病因の裏付けをするわけですが、
たくさんある「可能性」を絞り込んで正しい診断に至るには、
「情報収集」がかかせません。

そのときの重要な情報源が、
飼い主さんの「気づき」なのです。
飼い主さんの観察力と伝達力が、
大切な動物を救うといっても過言ではありません。

受診に先立って、
主訴意外の情報、例えば、
ここ数日の食欲の有無(いつもと同じか、
少ないのであれば普段の何%くらいか)。
元気の有無
便の状態(軟便なら持参)
嘔吐の有無(あれば持参)など、
気づいたことをメモをしておくとよいでしょう。

受診前にご自宅である程度準備をして、
待合室でもう一度読み返してみると、
足りない情報やあいまいな情報を発見することができます。

そのメモを元に獣医師と話しをすれば、
受診もスムーズに進み、
伝えたいことも忘れずに話すことができます。

これは、飼い主さんのためだけでなく、
動物の負担もかなり軽減されるのです。

簡潔に、そして的確に動物の容態を伝えられるということは、
獣医師が診察室で一番時間をかけて行いたいこと、
つまり、
動物の「診察」に時間をかけることができるのです。

また、こうしたメモを作成することで、
飼い主さんも冷静で、
客観的に症状をとらえることができ、
飼い主さん自身の不安も軽減されるはずです。

ペットが健康で、
そして飼い主さんもペットも幸せでありますように。

お問合せ

ベル動物病院 は東洋医学を中心とした治療をする往診動物病院です。
往診エリアは東京都および神奈川県・名古屋市内です。
完全予約制
 [ 予約フォームもしくは電話でご予約ください ]
土・日・祝:9:00~19:00 平日:応相談 で往診対応いたします